妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像

妊娠中のトラブルは青汁で解決!

妊娠中、栄養はいつも赤ちゃんへ優先的に惜しみなく送られていきます。
食べている分で足りなければ、母体の貯蓄分から削られていくこともしばしば。そのため、妊婦さんは体調をくずしやすく、様々なトラブルに悩まされてしまいます。
だけど、必要な栄養をしっかり摂っていれば大丈夫。青汁は妊娠中に摂りたい栄養の宝庫です。
赤ちゃんもお母さんも万全な状態でお産に臨みましょう!

 

便秘

 

普段は快便でも、妊娠中は便秘に悩まされてしまう方が多いようです。
その原因のひとつは黄体ホルモン。黄体ホルモンは妊娠中や生理前に分泌される女性ホルモンで、体に水分を溜め込む働きや子宮の収縮を抑える働きがあります。どちらも妊娠に備えようとする働きなのですが、その働きの影響で便に水分が行き渡らず固くなったり、子宮の近くにある腸の動きまで弱めてしまうため、結果的に便秘を引き起こすのです。
生理前に便秘になりやすいのも同じ理由ですね。
また、妊娠後期はおなかの赤ちゃんが大きくなるため、腸が圧迫されてますます働きが鈍くなってしまいます。

 

妊娠中、便秘薬は飲んでいい?

強い下剤を飲むと、子宮の収縮を誘発し流産や早産になる危険性があります。
「下ろす」作用が強いので縁起的にもあまり良くはないですね。必ず医師や薬剤師の方に相談し、なるべく処方されたものだけを飲むようにしましょう。

 

便秘の予防法

便秘の解消には、食物繊維と水分をしっかり摂ることが効果的です。
ビタミンCには便を柔らかくする作用があるので、あわせて摂ると良いですね。オリゴ糖や乳酸菌を摂取したり、散歩などの軽い運動もおすすめです。

 

おすすめ成分
食物繊維・ビタミンC・オリゴ糖・乳酸菌
乳酸菌が多く含まれている青汁は?




貧血

 

妊娠3ヶ月を迎えた頃から、貧血対策をしっかり行っていきましょう。
この頃には、胎盤ができ始めます。それまで卵黄嚢という組織から栄養をもらっていた赤ちゃんは、徐々に胎盤やへその緒を通して、お母さんの血液から栄養を吸収するようになります。
それに応じて母体の血液量は増えますが、赤血球などの成分は血液量と比例して増える訳ではなく、血液は水で薄まったような状態になります。
さらに鉄分は赤ちゃんへと優先してどんどん送られていくため、どうしても貧血になってしまうのです。

 

貧血を放っておくとどうなる?

貧血が重症化すると、赤ちゃんへ十分な栄養を運ぶことが出来ず、発育障害や未熟児になる可能性があります。また、貧血のまま出産を迎えた場合にも微弱陣痛によって分娩が長引く、出産時の出血に対応できず母体の回復が遅くなる、産後の母乳が出にくくなる などの問題が出てきます。
自覚症状のないまま貧血になっている場合もあるので、定期検査でしっかり確認するようにしましょう。

 

貧血の予防法

貧血には鉄分、というのは周知の事実ですね。
ただやみくもに鉄分を摂るだけでなく、効率的に摂取しましょう。
妊娠中期~後期の鉄分必要量は1日18.0㎎。
これは非妊娠時+9.5㎎女性の平均摂取量+12㎎に相当します。
これだけの鉄分を毎日食事で補うのは大変なことです。
青汁やサプリメント、お医者さんに処方してもらった薬などで対処するのも良いですね。
鉄分はビタミンCやビタミンB12などと一緒に摂取することで吸収率が良くなるので、これらの成分もバランス良く補える青汁がおすすめです。

 

また、葉酸欠乏性の特有な貧血もあります(巨赤芽球性貧血、悪性貧血)。
これは赤血球が正常に作られずに肥大化し、酸素の運搬が出来なくなった状態です。妊娠中は発症頻度が通常より高くなるので、葉酸やビタミンB12をしっかり摂取して予防しましょう。

 

おすすめ成分
鉄分・葉酸 +ビタミンC・ビタミンB12

鉄分が多く含まれている青汁は?


葉酸が多く含まれている青汁は?




妊娠高血圧症候群

 

妊娠高血圧症候群は、以前には妊娠中毒症と呼ばれていたもので、妊娠後期に約1割の妊婦さんが発症するといわれています。高血圧の他に蛋白尿やむくみなどの症状が現れ、重症化すると赤ちゃんに酸素や栄養が十分に届かず、発育に影響を及ぼしたり、胎盤が分娩前に剥がれてしまったり、最悪の場合、赤ちゃんもお母さんも生死に関わるほどの厄介な病気です。

 

妊娠高血圧症候群とは?

 

妊娠高血圧症候群の予防法

妊娠高血圧症候群は予防できる病気です。
妊娠初期から低カロリー・減塩の食事を心掛け、定期的に検診を受けるようにしましょう。
体から余分な塩分を排出する働きのあるカリウムや、高血圧予防に役立つカルシウム・マグネシウムを積極的に摂ると良いですね。
カルシウムは、産後になりやすい骨粗鬆症の予防にも効果的です。マグネシウムやビタミンDも一緒に摂取することで、骨からカルシウムが溶け出すのを防いでくれますよ。

 

おすすめ成分
カリウム・カルシウム・マグネシウム

カルシウムが多く含まれている青汁は?




先天性障害のリスク

 

妊娠中や妊娠前の女性からよく聞くのは「先天性の異常や障害が怖い」という話。
障害があっても自分の子供なら愛せるはずですが、やはり健康で元気に産まれてきてほしいというのが本音ですよね。障害が原因で中絶を余儀なくされたり、せっかく産まれてきても長く生きられなかったりするのは、あまりにも辛いことです。
先天性異常としてよく名前があがるのは「神経管閉鎖障害」です。二分脊椎、無脳症もこちらに含まれます。

 

神経管閉鎖障害とは?

 

神経管閉鎖障害の予防法

神経管閉鎖障害は先天性異常ですが、ちゃんと予防することもできるのです。
妊娠1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月まで、必要量の葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを70~80%も低減できるといわれています。
欧米では発症率が高いため、パンや小麦粉などに葉酸の添加が義務付けられているほど。
葉酸不足だけが神経管閉鎖障害の原因ではありませんが、発症率の低減に効果があることは事実です。

 

葉酸は体内に貯蓄できる量が限られているため、毎日摂取する必要があります。
光や熱に弱く、調理や加熱によって成分が壊れやすいので、青汁やサプリメントが効率的です。

 

また、葉酸は貧血予防にも効果があるので、妊娠中期以降も意識的に摂取しましょう。
妊娠前~初期には葉酸サプリが効果的ですが、初期~中期以降は、鉄分や他のビタミン・ミネラルをバランスよく補える青汁がおすすめです。
青汁を選ぶときには、無添加で安全であることを確認しましょう。

 

 

まとめ

妊娠中は様々なトラブルに見舞われますが、効果的な栄養を摂ることで解消していきましょう。
毎日気軽に飲めて、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれる青汁は妊娠中こそピッタリですね。中でも国産・無添加のものが安心して飲めるのでおすすめです。
青汁の栄養比較表

 

 

関連記事