妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像

サンスター健康道場粉末青汁vs山本漢方大麦若葉100%青汁

 

妊娠中に青汁を飲もうと思ったら、普段以上に選ぶ商品をこだわりたいですよね。
妊婦さんでも安心して飲めるものはどの青汁なのか、徹底的に比較していきたいと思います。
今回は、サンスター健康道場の粉末青汁vs山本漢方の大麦若葉粉末です!



妊娠中の青汁選びのポイント

 

まずは妊娠中の青汁選びのポイントのおさらいです。

 

・無添加であること

 

・国産100%であること

 

・妊娠中に不足しやすい栄養素がバランスよく摂れること
(特にカルシウム・鉄・葉酸・食物繊維・カリウム・マグネシウム)

 

この3点を踏まえて、サンスターと山本漢方のどちらの青汁が妊娠中に適しているのか見ていきましょう。



無添加なのはどっち?

 

それぞれの青汁の成分表示を見てみましょう。

 

サンスター粉末青汁・・・ブロッコリー・ケール・大麦若葉・明日葉・モロヘイヤ



山本漢方大麦若葉粉末・・・大麦若葉

 

 

サンスターと山本漢方の両方とも無添加で、野菜だけを使用して作られています。
妊娠中は、胎児に影響の及ぶ可能性がある添加物はできるだけ避けたいものなので、無添加なのは嬉しいポイントですね。

 

サンスターと山本漢方に共通して使用されている大麦若葉とは、大麦の若い葉っぱのことです。
食物繊維や鉄分、ビタミンが豊富に含まれる栄養価の高い野菜です。

 

サンスターだけに含まれるブロッコリー・ケール・明日葉・モロヘイヤもさらっと紹介します。
ブロッコリーとケールはアブラナ科の野菜で、摂取してしまった添加物や有害物質を体外へ排出する働きがあります。食品添加物などによる赤ちゃんへの影響が心配な妊娠中は特にありがたいですね。
明日葉にはむくみ解消効果の高い「カルコン」という成分が含まれ、モロヘイヤも「王様の野菜」と呼ばれるほど栄養価の高い野菜です。

 

サンスターと山本漢方の両方とも無添加!

サンスターと山本漢方の両方とも無添加です。
さらに拘るなら、大麦若葉だけを使用した山本漢方より、5つの野菜を使用しているサンスターの方がバランスが良いです。



国産原料100%なのはどっち?

 

 

次に、サンスターと山本漢方の青汁それぞれに使用されている野菜の原産地を見てみましょう。

 

サンスター粉末青汁


ブロッコリー・・・宮崎、鹿児島、岡山、北海道


ケール ・・・ 宮崎、大分、静岡、熊本、島根


大麦若葉・・・ 福岡、大分、熊本


明日葉 ・・・ 八丈島


モロヘイヤ・・・ 島根



 

山本漢方大麦若葉粉末


大麦若葉 ・・・ 中国


 

サンスターの青汁に使用されている野菜はすべて国産のものですが、山本漢方では中国産の大麦若葉を使用しています。農薬・汚染物質の問題や大気汚染など、中国産の野菜に悪いイメージを持っている方は多いと思います。

 

中国産のものがすべて危険な訳ではありませんが、ニュースでよく目にする中国の環境問題を考えると「あの汚い空気の中で育った野菜か…」と思ってしまうのが正直なところ。普段ならともかく、妊娠中は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるものはなるべく摂りたくないですよね。

 

どこの野菜を使っていようが気にならない、という方には良いと思いますが、少しでも気になる方は精神的にも安心感のある国産がおすすめです。

 

国産100%はサンスター粉末青汁!

サンスターは国産野菜100%ですが、山本漢方では中国産の野菜を使用しています。
気になる方は、国産のサンスターを選んだ方が安心かもしれません。



栄養バランスが良いのはどっち?

 

妊娠中は赤ちゃんへたっぷり栄養を送る必要があるので、青汁の栄養価もしっかりチェックしましょう。

 

サンスター
健康道場 粉末青汁

  • カルシウム 

    97.3mg

  • 0.77mg

  • 葉酸

    66ug

  • 食物繊維

    3.6g

  • カリウム

    250mg

  • マグネシウム

    17.5mg

山本漢方
大麦若葉100%

  • カルシウム 

    8.7mg

  • 1.25mg

  • 葉酸

    12ug

  • 食物繊維

    1.24g

  • カリウム

    96mg

  • マグネシウム

    4.8mg

 

全体的にバランスよく様々な栄養を摂れるのはサンスター粉末青汁です。
この栄養価は青汁の中でもトップクラスで、他の青汁の約2倍以上の栄養を1杯で摂ることができるのです。実際に、鉄分以外は山本漢方よりサンスターの方が高い数値がずらりと並んでいます。

 

特にカルシウムは10倍以上と圧倒的に多く、葉酸は約6倍、食物繊維やマグネシウムは約3倍。
これらの栄養はどれも妊娠中に積極的に摂りたいものなので、サンスターは妊婦さんにピッタリの青汁だといえますね。

 

栄養バランスが良いのはサンスター!

サンスターの栄養価は圧倒的。
全体的なバランスも良いですが、特にカルシウム・葉酸・食物繊維が豊富に含まれています。


味や値段は?

毎日飲むものだから、味やコスパも気になるところ。
こちらも比較していきましょう。

 

サンスター健康道場粉末青汁

内容量 税抜価格 定期価格 送料
10g×30袋
(30日分)
4,500円 4,050円 無料

公式サイトへ


山本漢方大麦若葉100%

内容量 税抜価格 定期価格 送料
3g×44袋
(22~44日分)
2,800円 なし なし

公式サイトへ


 

山本漢方の方は、中国産の大麦若葉を使用していることもあり、比較的安く購入できます。ドラッグストアでもよく見かけるので、気軽に購入できるところがメリットですね。
1日に1袋飲む場合は1日あたり約64円、2袋の場合は約127円です。1日に1~2袋が適量とされていますが、栄養価がそれほど高くないので妊婦さんなら2袋飲んだ方が良いかと思います。

 

一方サンスターは通販でしか購入できませんが、定期購入の割引が用意されています。
通常価格だと1日あたり150円、定期価格の場合は135円になります。これを高いと感じるかは人それぞれですが、サンスターの栄養バランスや品質の良さ、内容量の多さを踏まえるとコスパの良い商品だといえますね。

 

そして、毎日飲む上で気になるのが青汁の味。
山本漢方はクセの少ない大麦若葉を原料にしているので、飲みやすいと感じる方が多いようです。実際に飲んでみると、お茶のような味ですが少し苦みや粉っぽさを感じました。

 

一方サンスターは、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、野菜そのものを絞ったような深い味わいです。飲みやすく改造されている青汁より自然な味が好き、という方にはピッタリの味だと思います。

 

 

安さ重視は山本漢方、品質重視はサンスター!

少しでも安く青汁を買いたい方は山本漢方、価格と見合った品質の商品を選ぶならサンスターがおすすめです。
味は好みによりますが、山本漢方はお茶に似た味、サンスターは野菜本来の味といった青汁です。

 

まとめ
今回は、サンスター粉末青汁と山本漢方大麦若葉粉末を比較してみました。

どちらも良いところ、イマイチなところがあったと思いますが、何よりも自分自身に合ったもの、そして赤ちゃんの発育や健康のために必要なものを選ぶことが大切です。
妊娠中は栄養が不足しやすく、普段以上に体調を崩しやすいときですが、青汁の力で楽しく妊娠ライフを送れることを願っています。

 

 

 


関連記事