妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像

妊娠中に飲むならどっち?キューサイはちみつ青汁vsサンスター健康道場

妊娠中は、お母さんが摂取したものが お腹の赤ちゃんへダイレクトに影響します。
それに加えて、お母さん自身も体調を崩しやすいとき。
普段よりも栄養管理をしっかり行うために、青汁を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
せっかく青汁を飲むのなら、安全で、栄養をきちんと摂れるものでないと意味がないですよね。
そこで、青汁の中でも人気の高い「キューサイはちみつ青汁」「サンスター健康道場」
どちらが妊娠中に飲むのに適しているのか比べてみましょう!


妊娠中に適した青汁とは?

妊娠中、特に不足しやすい栄養素は カルシウム葉酸です。

 

カルシウムは妊娠高血圧症候群や産後の骨粗鬆症の予防、鉄は貧血の予防・改善、葉酸は
先天性異常のリスク低減や貧血予防に効果的です。

 

これらにプラスして、食物繊維マグネシウムカリウムも妊娠中は積極的に摂りたい成分。

 

食物繊維は便秘に、カリウムは余分な水分を体外に排出するためむくみに効果的です。
便秘やむくみは妊娠中に悩まされることが多いので、どちらも意識的に摂取したいですね。
また、マグネシウムが不足するとカルシウムが骨から溶け出してしまうため、カルシウムとマグネシウムはバランス良く摂る必要があります。

 

これらの栄養をバランス良く摂取できる青汁が妊娠中に飲むのに適しているといえますね。
中でも、完全無添加であり国産原料のみで作られた青汁が最適です。


無添加なのはどっち?

まずは、それぞれの成分をみてみましょう。

 

キューサイはちみつ青汁
  ケール・はちみつ・有胞子性乳酸菌ビタミンCビオチン



 

サンスター健康道場
  ブロッコリーケール大麦若葉明日葉モロヘイヤ

 

 

サンスターの方は、野菜のみを原料に作られていることが分かります。
健康道場の公式HPにも、甘味料・香料・保存料は一切使用していない
のと記載がありました。
むくみに効果的な明日葉が含まれているのも嬉しいところですね。

 

一方でキューサイには、有胞子性乳酸菌・ビタミンC・ビオチンが添加されています。
これらは栄養強化のために人工的に入れていると考えていいかもしれません。
ただ、栄養強化剤としてのビタミンCは記載義務がないので、酸化防止剤の役割だとも考えられます。

 

注意したいのがビオチンです。
ビオチンは、積極的に摂取するように呼びかけられている一方で、
摂りすぎると胎盤や卵巣が萎縮するなど胎児に影響する可能性があるともいわれています。
つまり、働きや副作用が完全に明解されていないのです。
摂取する際には、念のためお医者さんに相談してみてくださいね。

 

ちなみに、キューサイとサンスターはどちらもノンカフェインです。

 

完全無添加なのはサンスター健康道場の粉末青汁

キューサイはちみつ青汁は有胞子性乳酸菌・ビタミンC・ビオチンが添加されていますが
サンスター健康道場は国産野菜のみで作られています。

 

国産原料のみ使用しているのはどっち?

まずはキューサイからみていきましょう。

 

使用している野菜はケールのみ。
ケールは国産で無農薬・化学肥料不使用を徹底しているようですね。

 

商品名にもあるようにはちみつも使用されていますが、こちらはルーマニア産です。
「山田養蜂場のはちみつ」を使用しているようで、これだけ聞くと国産のような気がしますが、
「山田養蜂場で扱っているルーマニア産のはちみつ」のようです。
ちなみに、はちみつを妊娠中に摂ることは問題ありません。

 

サンスターの方は、ブロッコリーケール大麦若葉明日葉モロヘイヤが使用されています。
これらのすべてが100%国産野菜です。
しかも、使用する可能性がある産地はすべてを記載するという徹底ぶり。
全体的に、九州産の野菜が多いようですね。

 

国産原料のみで作られているのはサンスター健康道場

キューサイはちみつ青汁は国産のケールと外国産のはちみつを使用、
サンスター健康道場は国産の野菜だけで作られています。

 

栄養バランスが良いのはどっち?

前述の、妊娠中に不足しやすいカルシウム・鉄・葉酸と
妊娠中に積極的に摂りたい食物繊維・マグネシウム・カリウムの含有量を比べてみましょう。

サンスター
健康道場 粉末青汁
  • カルシウム

    97.3mg
  • 0.77mg
  • 葉酸

    66ug
  • 食物繊維

    3.6g
  • マグネシウム

    17.5mg
  • カリウム

    250mg
キューサイ
はちみつ青汁
  • カルシウム

    91mg
  • なし
  • 葉酸

    なし
  • 食物繊維

    1.3g
  • マグネシウム

    なし
  • カリウム

    123mg

キューサイは、カルシウム・食物繊維・カリウムは摂取できるものの、
葉酸・鉄・マグネシウムが全く含まれていないのが残念ですね。
その反面、乳酸菌は2億個と多く含まれています。
妊婦さん向けというよりは、普段の生活での健康維持や便秘改善に役立ちそうな青汁だといえます。

一方でサンスターは、妊娠中に摂りたい栄養がバランス良く含まれているのが分かります。
この栄養価は、青汁の中でもぶっちぎりのトップクラス。他の青汁の2倍以上の栄養が含まれているのです。
妊娠中はもちろん、産後も飲み続けたい青汁ですね。

サンスター健康道場は抜群の栄養バランス
キューサイはちみつ青汁は乳酸菌・食物繊維を特に摂りたい方に、
サンスター健康道場はバランス良く栄養を摂りたい方や妊娠中にオススメです。


味や値段は?

毎日飲むものだからこそ、味やコスパも気になるところ。
まずはそれぞれの値段と内容量を比べてみましょう。

●キューサイはちみつ青汁
内容量 税抜価格 定期価格 送料
7g×30袋
(15日分)
3,619円 3,257円 無料

●サンスター健康道場
内容量 税抜価格 定期価格 送料
10g×30袋
(30日分)
4,500円 4,050円 無料

一見キューサイの方がお得に思えますが、
キューサイは1日2本飲む必要があるため15日分の値段になります。
1ヶ月分だと倍の7,238円になるので、サンスターの方がコスパが良いのが分かります。
1袋あたりの量もサンスターの方が多いですね。

気になるお味ですが、キューサイは「とても美味しい」「美味しい」「飲める」と答えた方が95%というほど、飲みやすい青汁のようです。
反対に、青臭さや苦み、独特の風味が苦手だと感じる方もいるようです。

同じくサンスターも、苦み・青臭さが気になるという方がいる反面、野菜本来の味やボリュームの満足感に好評が集まっています。

味はお好み、コスパで選ぶならサンスター健康道場
甘めの青汁が好きな方はキューサイはちみつ青汁、
野菜本来の味コスパで選ぶならサンスター健康道場がオススメです。


妊娠中に飲むなら・・
無添加国産原料栄養バランス値段、これらを比べてみるとサンスター健康道場に軍配が上がりそうですね。 普段飲むには少し高めですが、妊娠中の10ヶ月間なら手を伸ばしても良いかもしれません。 赤ちゃんに栄養をたっぷり送りながら、お母さん自身も快適な妊娠ライフを送りましょう♪

 

 


関連記事