妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像
乳酸菌が便秘に良いのは知っているけど、ヨーグルトを食べ続けても効果が感じられなかった…というのはよくある話。

じつは乳酸菌を効果的に摂取する秘訣があるんです。

乳酸菌だけでは効果が薄い!!
健康の要として乳酸菌は欠かせません。ですが単純に乳酸菌だけを摂取していても、その効果を実感することはじつは難しいんです。
乳酸菌は生き物なので、腸内で活発に活動するためにはエネルギー源が必要不可欠!
単に乳酸菌を多く摂取したからと言ってもその数はすぐに減少してしまします。そのエネルギー源、つまりエサとなるのが食物繊維。食物繊維は単体でも腸をキレイにしてくれますが、乳酸菌と一緒に摂取することで相乗効果が生まれ、より高い効果が期待できるのです。
そのため、青汁+乳酸菌の組み合わせは非常に合理的で、腸にとっては最高の組み合わせ。ヨーグルトを食べ続けたけどあまり実感がなかった方や、青汁を飲んでいてもイマイチすっきりしない…という方は、一度乳酸菌入りの青汁を試してみては?

乳酸菌が不足するとどうなるの?
乳酸菌が腸内環境を整えてくれることは有名ですが、不足するとどうなるのかはあまり知られていないかもしれません。じつは思った以上にさまざまな弊害があるんです。ここでは乳酸菌不足で起こりうることをまとめてみました。

腸内が腐敗

乳酸菌が不足すると腸内には悪玉菌が増殖し、有害物質が増えて腐敗していきます。自覚症状は便秘や肌荒れ、アレルギー程度ですが、深刻な場合は糖尿病や脳梗塞などにつながることも。

消化吸収能力の低下

消化吸収をサポートする乳酸菌が不足することでその能力が低下します。そのため、せっかく栄養価の高い食事をしても消化・吸収ができず、肥満につながることもあります。

免疫力の低下

免疫細胞の半分以上が腸内にあるため、腸内環境の悪化は免疫力低下につながります。風邪をひきやすくなったり、アレルギー反応が出やすくなります。疲れやすさを感じている方は、乳酸菌が不足しているのかも。

便秘

腸のぜん動運動が鈍くなり、便がうまく排出できず毒素が体に溜まってしまいます。いわゆる便秘ですね。他にも体臭・口臭が出たり、肌が荒れたりとさまざまな症状が現れます。

ホルモンバランスの崩れ

あまり知られていませんが、乳酸菌の不足はホルモンバランスの乱れを招き、肌荒れや老化を進めてしまいます。

いかがでしょうか。
乳酸菌不足は思っていた以上に多くの健康弊害をもたらしてしまいます。もちろん食事に気を付けることも大切ですが、食事だけでは十分な量を摂取するのは難しいのが現状。青汁やサプリメントなどで、意識的に乳酸菌を摂取することが大切です。

ちなみにヨーグルトにはどのくらい含まれているの?
乳酸菌が多く含まれている食品といえば、ヨーグルト。ヨーグルト(発酵乳)の成分は「乳等省令」という法律によって、乳酸菌の数は1mlあたり1000万以上と定められています。 ヨーグルト100gに換算すると、約1000万×100g=約10億個となります。

ちなみにヤクルトなどの乳酸菌飲料の場合だと、1mlあたり100万個以上と定められているので、100万×100ml=1億個です。

その他、ヨーグルトよりも数は少なくなりますが、チーズや発酵バターなどにも比較的多くの乳酸菌が含まれています。また、漬物や味噌、しょうゆなどにも含まれていますが、これらの食品で乳酸菌を補うとすると、たちまちカロリー・塩分オーバーになってしまいますね。

こうして考えてみると、青汁で乳酸菌を摂るのはかなり効率的。特に『青汁と乳酸菌』なら1杯で500億個の乳酸菌と野菜の栄養も摂れるので手軽で簡単、さらに低カロリーで、お財布にもやさしいですね。

商品名 すこやか自慢 青汁と乳酸菌
単品金額 4,298円/30日分
初回金額 980円/30日分
乳酸菌の数 1包に500億個
商品名 すこやか自慢 青汁と乳酸菌
単品金額 4,298円/30日分
原材料 大麦若葉末、乳糖、還元麦芽糖、抹茶末、乳酸菌(FK-23)、熊笹末、桑の葉末、明日葉末、馬鈴薯澱粉
乳酸菌の数 1包に500億個



関連記事