妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像

妊娠中の栄養補助に青汁を飲んでも大丈夫?

 

妊婦さんは、赤ちゃんにたっぷり栄養を送るために、いつも以上にバランスよく栄養を摂る必要があります。その反対に、ウナギやレバーのように摂りすぎてはいけないものも。

 

「栄養を補うために青汁を飲みたいけれど、妊婦が飲んでも大丈夫なのかな?」

 

そんな疑問にお答えします!



青汁に含まれているビタミンAは妊娠中でも大丈夫なの?

 

結論から言うと、青汁は「食品」なので、妊娠中に飲んでも大丈夫です。

 

(アレルギーや持病がある方、おなかを下しやすい方はお医者さんに相談してみると安心ですね)

 

おそらく、青汁の栄養素の中で妊婦さんが一番気になるところがビタミンAだと思います。
ウナギやレバーの食べる量を控えるように言われるのは、ビタミンAの過剰摂取を防ぐため。
同じようにビタミンAが含まれるのに、なぜ青汁は飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

ビタミンAには動物性由来の「レチノール」植物性由来の「ベータカロテン」があります。
ウナギやレバーに多く含まれ、奇形の原因になるといわれているのは動物性由来の「レチノール」。レチノールは体内に蓄積・吸収されやすいため、摂りすぎないように注意が必要です。

 

そして、青汁に含まれているのは植物性由来の「ベータカロテン」。ベータカロテンは、体内で必要な分のみビタミンAに変換されるため、多少摂りすぎても蓄積する心配はありません。

 

青汁に入っているビタミンAは、妊婦さんや赤ちゃんに影響しないので安心してくださいね。

 

むしろ、ビタミンAは不足すると免疫が低下してしまうので、厚生労働省も緑黄色野菜からベータカロテンを摂取するように呼びかけています。
その他のビタミン・ミネラルもバランスよく摂れる青汁は、実は妊婦さんにこそおすすめなんですよ。



妊婦さんに青汁をおすすめする2つの理由

 

青汁は危険どころか妊婦さんにこそピッタリの栄養源。その理由は2つあります。

 


妊娠中に不足しやすい栄養をまるっと補える

妊娠中は赤ちゃんに優先して栄養が送られます。
そのため、お母さん自身の栄養が足りなくなってしまうことも。特にカルシウム・鉄・葉酸が不足しやすいため、貧血や高血圧、骨粗鬆症になってしまう方も少なくありません。

 

青汁にはこれらの栄養素がたっぷり詰まっています。また、便秘に効果的な食物繊維や、体内の余分な水分を排出するカリウム、カルシウムの働きを助けるマグネシウムなども一緒に摂ることができるのもおすすめポイントのひとつですね。

 

野菜のビタミン・ミネラルが妊娠中の体調をサポート


青汁には野菜の栄養がギュッと詰まっています。特に明日葉・ケール・大麦若葉は青汁の原材料としてよく使われているので、どんな働きがあるのか紹介します。

 

妊婦さんの強い味方・・・「明日葉」

「今日芽を摘んでも、明日にはまた新しい芽が出る」ということから名付けられた明日葉は、とても強い生命力を持つ野菜です。

 

特徴的なのが、葉や茎を切ったときに出る液に含まれるカルコンという成分。カルコンはポリフェノールの一種で、体内の老廃物を排出する働きがあります。そのため、明日葉はむくみに効果的だといわれているんですね。

 

最近ではこのカルコンに内臓脂肪を減らす働きや、血液をサラサラにする働きがあることが分かってきました。妊娠中のむくみや便秘の改善、高血圧の予防、体重管理などに役立ってくれる野菜ですね。

 

妊娠中、積極的に摂りたい5つの栄養素は、生の明日葉100gあたりにこれだけ含まれています。

 

カルシウム...65mg
鉄...1mg
葉酸...100ug
カリウム...540mg
食物繊維...5.6g

 

 

妊婦さんの強い味方・・・「ケール」



栄養価が高く1年を通して栽培できるケールは、青汁の原料としてよく使われています。食物繊維やビタミン、カルシウム、葉酸を特に多く含み、ルテインという抗酸化物質も含まれています。

 

ケールはキャベツやブロッコリーと同じアブラナ科の野菜ですが、これらの野菜には添加物や有害物質を体外に排出する働きがあります。妊娠中、赤ちゃんへ有害な物質が送られてしまうと奇形や発達異常などの原因になることも。添加物や有害物質は気を付けていても知らず知らずのうちに吸収してしまうので、排出を助けるケールは妊娠中に摂りたい野菜のひとつです。

 

生のケール100gあたりの栄養価はこちら。カルシウム・葉酸が特に多く含まれています。

 

カルシウム...220mg
鉄...0.8mg
葉酸...120ug
カリウム...420mg
食物繊維...3.7g

 

 

妊婦さんの強い味方・・・「大麦若葉」

大麦の若い葉っぱのことを大麦若葉と呼びます。何度も麦踏みされ、踏まれるたびに強くなる、たくましい生命力を持った野菜です。

 

古代から日本人の主食として親しまれた大麦ですが、その高い栄養価を示すエピソードがあります。

 

江戸から明治時代にかけて少しずつ白米が主流になり、それまでの主食である麦ごはんは食べられなくなってきました。それと同時に蔓延したのが脚気(カッケ)という病気です。

 

歴史の教科書でも目にしましたが、この脚気はビタミンB1が不足することで起こり、徳川将軍もこの病気で数人亡くなりました。白米だけを食べた結果ビタミンB1不足になってしまったのですが、むしろ大麦を食べていた頃はおかずがほとんどなくても栄養が摂れていたということに驚きます。

 

脚気が「江戸患い」や「江戸病」と呼ばれたのも、江戸を離れて地方へ行けば、まだ麦ごはんを主食にしていたために病気が治ったからなんです。

 

それほど重要なビタミンB1は、妊婦さんも積極的に摂りたい栄養素のひとつ。
ひどいつわりが続いてビタミンB1が欠乏するとウエルニッケ脳症(意識障害や神経障害)の発症につながることもあるため、食べるのが辛い時でも青汁のように喉を通りやすいもので栄養を補うように意識したいですね。

 

また、大麦若葉には鉄分も多く含まれているので、妊娠中の貧血予防にもおすすめですよ。

 

生の大麦若葉100gあたりの栄養価です。妊娠中に摂りたい栄養素がバランスよく含まれていますね。

 

カルシウム...29mg
鉄...4.2mg
葉酸...40ug
カリウム...320mg
食物繊維...4.1g

 

 

 

野菜の成分比較表

 

生の野菜100gあたりに含まれる量を比べてみました。

カルシウム 葉酸 カリウム 食物繊維
明日葉
65mg

1mg 100ug 540mg 5.6g
ケール
220mg

0.8mg 120ug 420mg 3.7g
大麦若葉 29mg 4.2mg 40ug 320mg 4.1g
キャベツ 43mg 0.3mg 78ug 200mg 1.8g
セロリ
39mg

0.2mg 29ug 410mg 1.5g
レタス
19mg

0.3mg 73ug 200mg 1.1g

 

他の野菜と比べてみると、明日葉・ケール・大麦若葉の栄養価の高さが分かりますね。

 

ただ、いくら栄養価が高くてもひとつの野菜だけでは栄養をすべて補えません。例えば、大麦若葉には鉄分は豊富に含まれていますがカルシウムや葉酸の量が少し足りていません。そこを補うために、カルシウム・葉酸の豊富なケールや、カリウム・食物繊維の多い明日葉を併せて摂ると完璧ですね。明日葉・ケール・大麦若葉の3つとも入っている青汁は少ないですが、妊娠中にとてもおすすめです。

 

明日葉・ケール・大麦若葉の3つとも入っている青汁はこちら



妊娠中の青汁選びのポイント

 

妊娠中に青汁を飲むことはおすすめですが、どれもが安全なわけではありません。安心して飲める青汁かどうか、見極めるポイントを紹介します。

 

完全無添加

妊娠中は特に、添加物を極力避けたいものです。
青汁の中にも酸化防止剤・甘味料・香料などを使用している商品が数多くあります。
これらの添加物は、胎児に影響を与える可能性や、血糖値が上がって体重増加や高血圧につながることも。また、ビタミンCや食物繊維などを栄養強化の目的で人工的に添加している商品もありますが、栄養素は食材から得る方がより自然で負担もありません。なるべく野菜そのものの栄養だけを摂れる青汁を選びましょう。

 

 

国産原料100%

国産ならすべてが安全というわけではありませんが、外国産(特に中国産)の野菜はあまり信用しないようにしましょう。日本では認可されない農薬が使われていたり、中毒症状の実例があったりするのは事実です。
外国産原料の青汁は比較的安く売られていますが、多少価格が高くても国産原料のみで作られた青汁を選ぶことをおすすめします。野菜の詳しい原産地や製造方法などをHPで紹介しているメーカーもあるので、確認するとより安心ですね。

 

 

栄養バランスが良い

栄養をしっかり摂れなければ、青汁を飲む意味がありません。青汁はどれも似たようなものだと思っている方も多いかもしれませんが、飲んでも飲まなくても変わらない程度の栄養しか入っていないものから、他の青汁の2倍以上も栄養が摂れる優れたものまで様々です。
いくつかの青汁を比較して、自分の摂りたい栄養がちゃんと含まれているものを選ぶと良いですよ。

 

 

ノンカフェイン

妊娠中は、カフェインの摂りすぎにも気を付けましょう。カフェインを過剰摂取すると赤ちゃんの腎臓へ負担をかけたり、カルシウム不足によって母子共に影響を受けたりします。摂取量を守れば問題ありませんが、気にせずに飲めるノンカフェインの青汁の方が安心ですね。



まとめ

 

青汁は妊娠中でも飲むことはできますが、選び方がとても大切です。

 

妊婦さんが青汁を選ぶときは、

摂りたい栄養素がどれくらい含まれているか

添加物やカフェインが入っていないか

原産地はどこか

この3点をを必ずチェックするようにしましょう。

 

 


関連記事