妊婦におすすめな青汁は?妊娠中に必要な栄養が摂れる青汁を選ぼう!ヘッダー画像

青汁に入ってるカフェインが気になる…。

妊娠中はカフェインをまったく摂ってはいけない?コーヒー1~2杯なら大丈夫?
青汁にもカフェインが入っているの?妊娠中に知っておきたいカフェインの赤ちゃんへの影響、青汁やその他の飲み物のカフェイン量をまとめました。

青汁のカフェイン含有量一覧はこちら

妊娠中にカフェインを摂ってはいけない?なぜ?

カフェインとはコーヒーや紅茶、緑茶などに含まれていてメリットもデメリットもある成分として有名です。
良い面だけを見ればリラックス効果、眠気覚ましや疲労回復、利尿作用
基礎代謝を高める働きによるダイエットや運動機能のサポートといった素晴らしい効果があります。

ではなぜ、妊娠中はカフェインを控えたほうがいいのでしょうか?
それは、おなかの中の赤ちゃんにも影響してしまうからです。

自分だけじゃない!胎児にも及ぶカフェインの影響


カフェインは胎盤を通過し赤ちゃんの血液中にも溶け込みます、すると腎臓がまだ発達していない赤ちゃんには大変な負担になってしまいます。
研究報告によると1日10杯程度のコーヒーを飲み続けることで死産や流産の危険性が高くなるといわれているのです。

毎日10杯も飲む妊婦さんはいないと思いますのでもう少し現実的に、過剰摂取した場合の胎児への影響について考えてみます。
コーヒーの利尿作用のデメリットとして、お母さんの体内のカルシウムの排出量を増やしてしまいます。
そうするとお母さんの体からカルシウムが減ってしまうので、骨から必要分を調達しようとして溶けだし骨や歯が弱くなったり
成長に必要なカルシウムが赤ちゃんに十分行き届かなくなり発達に影響を及ぼしてしまうのです。
そういった危険があるので妊娠中はカフェインを控えたほうが良いといわれています。
ではどのくらいまで摂取しても問題ないのでしょうか。

妊娠中に摂っても安全なカフェインの量


妊婦のカフェイン摂取量については日本ではしっかりとした基準が決まっていませんが、公的機関である食品安全委員会の調査によると
諸外国の安全基準では200~300mgが1日のカフェイン摂取量の上限とされています。
この200mg~300mgのカフェインをコーヒーに置き換えてみると
コーヒー1杯150mlに含まれるカフェインの量は90mg
安全性を見て、コーヒー1杯カフェイン100mgとした場合
妊娠中は1日にコーヒー2~3杯までは大丈夫ということになります。
ただし、エスプレッソコーヒーの場合は1杯100mlで200mg~300mgのカフェインが含まれているので飲みすぎには注意しましょう。

また、コーヒー以外にお茶や紅茶など、チョコレートにもカフェインは含まれているのでよくお茶を飲む人はコーヒーを1杯に控えたり、ノンカフェインの麦茶と組み合わせて1日多くても300mg、安全を見るなら200mgまでに抑えるようにしましょう。

ちなみに、
飲食後30~45分後がカフェインの血中濃度がもっとも高くなってその後は減少していきます。
カフェインが体の外に排出されるのにかかる時間ですが
半減期が4~6時間(体格や健康状態による個人差あり)なので
完全に排泄されるまでには8~12時間程度かかる計算になります。
結構長い時間体内に残っているものですね。

飲み物や食品に含まれるカフェイン含有量



カフェインはコーヒー以外の飲み物や食品にも含まれています。
気にせずうっかり許容量を超えてしまわないように確認してみてください。

100ml中に含まれるカフェイン量
コーヒー 60mg
玉露 160mg
煎茶 20mg
紅茶 30mg
烏龍茶 20mg
コーラ 20mg
ミルクココア 4mg
チョコレート50g 15mg

妊娠中にコーヒー以上に飲む機会が多い
紅茶とお茶についてさらに詳しく市販のペットボトルのお茶や紅茶など商品ごとに調べてみました。
以下、各500ml中のカフェイン量です。


紅茶
午後の紅茶 おいしい無糖 55mg
午後の紅茶 ストレートティー 60mg
午後の紅茶 ミルクティー 95mg
午後の紅茶 レモンティー 50mg
リプトン ストレートティー 75mg
リプトン ミルクティー 75mg
リプトン レモンティー 38mg
TEAS TEA ベルガモット&オレンジティー 15mg
TEAS TEA カモミール&アップルティー 15mg
TEAS TEA ローズ&ピーチティー 15mg

緑茶
おーいお茶 緑茶 180mg
サントリー緑茶 伊右衛門 50mg
サントリー緑茶 濃伊右衛門 100mg
綾鷹 100mg
キリン生茶 65mg

緑茶以外のお茶
健康ミネラルむぎ茶 0mg
六条麦茶 0mg
伝承の健康茶 そば茶 0mg
爽健美茶 すっきりブレンド 0mg
アサヒ 十六茶 0mg
おーいお茶 抹茶入り玄米茶 20mg
2つの働き カテキンジャスミン茶 65mg
からだすこやか茶 70mg

一番カフェインの含有量の少ない緑茶は、サントリーの伊右衛門が500mlで50mgとなっています。
おーい!お茶は500mlのペットボトル1本で180mgものカフェインを摂取してしまうので
妊娠中は避けたいお茶ですね。
ブレンド茶では、爽健美茶や十六茶がカフェインレスになっていて安心して飲めるお茶といえそうです。
ただしブレンド茶なので濃度は低いと思いますが
子宮の収縮作用や体内の異物を排泄しようとする働きがある
ハトムギが入っているので常識を超えて多飲するのは流産の危険があるので控えましょう。
あとは昔ながらの妊娠中の飲み物の定番、麦茶やそば茶もカフェインゼロで一番安心です。

妊娠中といえどもやはり日本人!お茶が飲みたくなった時には
1日のカフェイン摂取量に気を付けて楽しむようにしましょう。

青汁商品別のカフェイン含有量一覧


ペットボトルのお茶に含まれているカフェインの量がわかったところで
妊娠中の栄養補助として飲んでいる人も多い、青汁のカフェイン含有量を各商品ごとにまとめていきます。

以下は1日分の分量の青汁に含まれているカフェイン量です。

カフェインを含む青汁一覧(1日分)
お茶村 神仙桑抹茶ゴールド 42mg(中国原料)
アサヒ緑健 緑効青汁 11mg
サントリー 極みの青汁 6mg
世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁 微量(正確な数値は不明とのこと)

以下カフェインが含まれていないノンカフェインの青汁
ノンカフェインの青汁一覧
サンスター 粉末青汁
マイケア ふるさと青汁
やずや 養生青汁
キューサイ はちみつ青汁
ファンケル 本搾り青汁 ベーシック
ヤクルト 青汁のめぐり
山本漢方 大麦若葉粉末(中国原料)
ダイレクトテレショップ 青汁三昧


青汁の中でもカフェインが入っているものとないっていないものがありますが
妊娠中に青汁を選ぶならやっぱり入っていないノンカフェインの青汁を選んだほうが安心です。

ただし中国産の青汁や添加物がたくさん入った青汁がありますので
安全性にこだわるなら、ノンカフェインで国産原料を使用していて無添加の青汁を選ぶと安心ですね。

ですが、
・ノンカフェイン
・国産原料100%
・無添加

この条件を満たす青汁、じつはたった1種類しかありません。

カフェインが入っていない青汁が分かったところで、さらに「国産」「無添加」にこだわった安全な青汁について調べてみます。お腹の赤ちゃんのために、安心して栄養が摂れる青汁を探している妊婦さんはぜひ続きをご覧ください。




関連記事